記事一覧

ロングライドって何キロからですか?

タイトル通り!!

ずばり!
貴方の『ロングライド』って、
何キロくらいからのことを言いますか?


なぜ、今更こんな事を?と
言いますと……



先日、フラっと立ち寄った自転車屋さんで
(いつもの店じゃない)
私が「これ、いいなぁ~♪」と
思ってたロードが置いてあった♪

店員さんが色々説明してくれて、
その中で、
『このタイプだと、ロングライド向けの
ロードに比べると
路面の衝撃等が少しキツイですよ』
と、言う話になった。

『このタイプ』というのは、ここ!!

【注:欲しいロードではありません】
シートポストの形?大きさ?のこと。

これが大きいと、
それだけ 衝撃が伝わる、という話でした。

へぇぇ~(*´∀`)
面積広いほうが響かないのかなぁ?と
思ってたよ~♪
(嘘です(>_<)平たいのカッケェ!としか
思ってなかったw)


……と、まぁ 別にこの話自体
なんてことない会話の一部なので
ここでは あまり追求しません。
(じゃあ、書くなよ(>_<))


つまり、ここで疑問に思ったのが……
そう!!
この店員さんの言う『ロングライド』って
どのくらいの距離のことを
言ってたんだろう??


……って、帰り道に思ったの(^o^;)
(その時 聞けば良かったのにねw)





弱虫ペダルにハマり、ロードにハマり、
それでも 初めは朝練の18~25kmを
走るくらいしか していなかった。
車も一応運転はできるけど、
近所に買い物に行くくらい(笑)

そんな私にとって、初めて行った
『関宿城』(往復75kmほどw)は
まさに『ロングライド』だった♪
(*≧∀≦*)

「こんな遠くまで、自転車でこれた♪」

と、感動したものです♪
『リベンジ篇』
『ドキドキ帰路篇』
(「石垣くぅん」誕生秘話&最速立ちゴケもw)



だがしかし!!
この時、自転車乗り的には
『100km以上』が、ロングライドだ。
と、いう情報が……!Σ( ̄□ ̄;)

……そ、そうなんだぁ~(。´Д⊂)
私、まだまだ だなぁ……と
凹んだものです(笑)



うん!そーだよね~……
ブルベとかやってる人なら
200kmとかは、余裕すぎるだろうしね♪
(*≧∀≦*)


でも『○○ロングライドイベント』
みたいなのとかでは、
初心者向けコースに
80kmとかあるし(*´∀`)

人それぞれの『ロングライド』が
あるんだろうな、と思います。

だって……


"自転車は自由だっ!!" \(^o^)/



皆さんの『ロングライド』は
何キロからですか?(*´∀`)

******************
ランキングに参加しております♪

お帰りの際、是非!『覗きモカ』
ポチッとお願いします~♪
貴方の『ポチッと』が
今日の私の励みになります♪(*´∀`)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

『Twitter』始めました(*≧∀≦*)



↑STRAVAも良かったら、
フォローお願いいたします~♪
(*≧∀≦*)


私より断然素敵な女性ローディーさん達のブログは こちら~♪

スポンサーサイト

コメント

ふらりと立ち寄った自転車店で、思いがけず欲しい自転車に出会うことってありますよね〜。
運命を感じてしまったり(笑)
さて、私はスポーツタイプの自転車に初めて乗った時、どういうわけか70km行けたんですよ。
で、100kmとか軽いんじゃない…?とナメたことを思ってた矢先、初立ちごけ&初ハンガーノックを経験しまして。
それもわずか30km地点で!
次のライドは確か50km程度のものでしたが、それでも十分ロングライドなんだと思い知りました。

というわけで、しっかりと準備と覚悟をする距離が「ロングライド」ということで。

〉黒盛さん

やはり、運命を感じた自転車に
乗りたいですよね~(*´∀`)

初めてのスポーツ自転車で70km!!
凄い~((((;゜Д゜)))
その後ハンガーノックになるrideも
経験したとは!!
たしかに、ロングライドと一言で言っても
その時の体調などで
簡単だったり、辛かったり(。´Д⊂)
何事も準備が大切ですよね!!

ブログのカテゴリー的には

150kmからでタグ分けしてます。

150以上になると気合い入れて家を出ないと、明るい内に帰れないもんで(^^;

〉kk460さん

なるほど~!!
たしかに、100kmだと 頑張れば
行ける!
200kmだと もう旅って感じです!
その間の150kmだと 補給とかも
しっかりしないとな、って
なりますね~\(^o^)/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モカサバ

Author:モカサバ
「弱虫ペダル」を観て ロードの魅力に取りつかれた アラフォー突入の母。「前に進む!確実に!」その為に日々 奮闘している 少々痛い私です(笑)